健康オフィスとは?

健康オフィスとは?

1日の大半を過ごすオフィスは、単に仕事をする場所ではなく、働く人の健康をも左右させます。健康オフィスとは、場の内装、環境創りをすることで、仕事にも良い効果を与えながら、心と体の健康維持を促していくオフィスのことです。

・建築医学を用いた施工技術

建築医学では、ヒトが心と体両方の健康を保ち、健やかに過ごせるように環境を整えることが大切だと考えております。
建築医学では、色、形、素材、レイアウト、デザイン、立地など建物に関するあらゆる要素を考慮した施工技術を用いるのです。私たちは、その技術を活用して、オフィスの空間創りのお手伝いをしております。
業績アップ!

建築医学を用いて内装を行った事例をご紹介いたします。

東京駅八重津口を出てすぐの立地に新オフィスを構えられた株式会社ゴーゴーカレーグループ様。
事務所移転を機に、会社の更なる発展のために、働く人の脳が整い、活性化するような空間デザインをとご要望をいただきました。

エネルギッシュなカラーリングで視線を引き付けるエントランス。曲線を多用し色彩刺激の溢れるオフィス空間は、スタッフと訪れる人すべてに「楽しさ」と「活気」を与えます。
▲エントランス

▲エントランス

  • 建築医学を用いて建設を行った事例をご紹介いたします
  • 建築医学を用いて建設を行った事例をご紹介いたします

アクセントカラーの壁のグリーンや椅子のグリーンの色はセロトニン分泌を促し、ストレスを軽減させます。
緩やかなカーブを描く壁面やデスクの曲線は、円滑なコミュニケーションを促し、ダウンライトの照明や小窓は空間の質を高め、良質なアイディアを生み出せるようになっています。

  • 建築医学を用いて建設を行った事例をご紹介いたします
  • 建築医学を用いて建設を行った事例をご紹介いたします

明るい黄色、ミントグリーン色の壁紙と、アースカラーの3色で貼り分けられた床のカーペットが執務室で働く人に「温もり」と「安心感」を与えます。
キャビネットのオレンジ色がアクセントとなり、脳を活性化し、活気をもたらします。

  • 建築医学を用いて建設を行った事例をご紹介いたします

    役員席の背面にある大きな窓にはウッドブラインドを取り付けることにより、気流が不安定になるのを防ぎ、座る人の集中力が高まります。
    また、観葉植物があることにより、セロトニンの分泌が促され、人間関係を整えます。

  • 建築医学を用いて建設を行った事例をご紹介いたします

    天井の大きい梁や柱のコーナーを曲線に加工し、角を目立たなくすることで、ストレスを軽減し、「柔らか」で「安心感」を感じさせる執務空間になっています。

コンセプト・会社概要

仕事において、技術的な完成度の高さを追求することはもちろんですが、「人は場や環境の在り方により、
心や体に影響を受ける」という視点から、施工を通じて心や体が健やかになる、
生命の宿る場創り・環境創りを実現することを使命と考えています。
コンセプト・会社概要

会社概要

運営会社 有限会社 きこりたち
代表者 宮原 保雄
所在地 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-1
TEL 03-3479-8301
FAX 03-3479-8520
設立 1977年7月21日
資本金 1,000万円
登録 建設業、東京都知事許可(般-28)第82069号
対応エリア 関東一円及び全国主要都市(特にショップ・オフィス展開に対応しています)
主な取引先 株式会社エンライトメントハートコーポレーション
株式会社ルック
スマサガ不動産株式会社
アットホームホールディングス株式会社
株式会社アサヒファシリティズ
マニフェストディスティニーINC
ヴィータイタリア株式会社
主な施工実績 株式会社エンライトメントハートコーポレーション(風水)オフィス・ショップ・住宅
IL BISONTE国内直営店舗(設計/設計事務所ima)
marimekko国内直営店舗(設計/設計事務所ima)
FLORENT全店舗(設計/設計事務所ima)

CSR活動